厚生年金

厚生年金の被保険者 新法と旧法

厚生年金の中の被保険者って何だかたくさんあるなあ?

って思ったことないですか?

昭和61年の4月に国民皆年金が導入されました

その時に一緒に厚生年金の被保険者の定義も変わりました

そのため

旧法と新法では被保険者の定義が違っているのです

旧法(昭和61年4月前)

新法(昭和61年4月以後)

に分かれます

令和の現在では新法のみを使うのですが

社労士試験の中では

年金制度を理解するのに

まだ必要になりますので

違いを説明していきたいと思います

 

1.旧法の厚生年金の被保険者(現在は変更)

まずは旧法からです

旧法の被保険者は第一種~第四種に分かれています

主に性別と特殊な職業で分かれています

第一被保険者・・・厚生年金に入っている男

第二被保険者・・・厚生年金に入っている女

第三被保険者・・・坑内員、又は船員(第四種被保険者、船員任意継続被保険者除く)

第四被保険者(船員任意継続被保険者)・・・旧法の任意被保険者(リンク 第四種被保険者参考 https://sharou.site/employees-pension-insured-person/

2.現在の厚生年金の被保険者

そして、現在の厚生年金の被保険者は

  • 当然被保険者
  • 任意単独被保険者
  • 高齢任意単独被保険者
  • 第四種被保険者(船員任意継続被保険者)

に分かれていて、さらに当然被保険者の中で1号~4号に分かれています。

第1被保険者・・・2~4号以外の被保険者

第2被保険者・・・国家公務員

第3被保険者・・・地方公務員

第4被保険者・・・私立学校教職員など

違いは旧法は種なのに対して

新法の当然被保険者では号を使っています

旧法と新法の違いは勉強していて

どう違うのか良くわからなくて

何度も読んで

やっと意味を理解できた

箇所なので

独学で勉強している人は

自分と同じようによくわからない人も

いるんじゃないかな?

と思います

まとめ

まとめると

  • 旧法は昭和61年前で一種~四種
  • 新法は昭和61年後で一号~四号

になります

 

 

ABOUT ME
海パン
海パン
通信教育で社労士の勉強を始めたのですが、中々点数が伸びないので、情報を集めたり、勉強の記録をつける為にこのブログを始めました。また、年金や労働基準法など法律を全く知らない人が読んで役に立つブログを目指しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です