介護保険

介護保険の保険料

1.介護保険とは

介護保険とは自分や家族が介護が必要になった時に、税金で補助してくれる国の制度になります

例えば、60歳以上の母親が介護が必要になって、介護ヘルパーを頼む時に使ったり

40歳以上で病気や障害で介護が必要な人にも使われたりします

2020年現在、介護保険は2~3割の負担で使えるため

健康保険同様、とてもお得な制度になっています

しかし、少子高齢化の為

負担は少しづつ増えていくと思われます

そして

介護保険は国の保険になっていて

社会保障の中にある

社会保険の中の一つになります

他には医療保険や年金制度も

社会保険になります

言葉だと分かりづらいので

わかりやすく表にしてみました

ちなみに

  • 公的扶助(こうてきふじょ)・・・生活保護などを担当
  • 公衆衛生・・・自殺者が増えるなど問題が起きない様にしたり、最近では中国の新型肺炎(コロナウイルス)などの問題が起きない様に環境を整えるのが仕事
  • 社会福祉・・・子供関係の保育所を作ったり、児童手当関係

となっています

教科別 介護保険についてはこちら ⇩

介護保険(教科別)社労士試験にも介護保険関係の言葉が労基法、労災保険、雇用保険、健康保険、一般(社会保険)に出てきます。全体像が以下の通りになります ...

 

2.介護保険料とは

40歳になったら健康保険、国民年金、厚生年金の他に介護保険料も支払うことになります

給料から源泉徴収して

介護保険料と健康保険料は一緒に支払うため

実感としては薄いかもしれませんが

老人になっても、介護保険を自分で使っても、年金をもらっていても

一生支払う税金になっています

介護保険料は都道府県により町々ですが、

令和1年の2019年で高いところは8000円位で安いところは3000円位です

平均だと大体ひと月5000円位になります

 

都道府県別はこちらに貼っておきます ⇩

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/r02/r2ryougakuhyou3gatukara/

参考リンク:全国健康保険協会の保険料額表(令和2年)より

介護保険の支払方法

会社員として働いても、自分が介護保険なんて支払っているか

よくわかっていない人もたくさんいると思います

それはなぜか?というと

支払方法が年齢や立場によって違うからです

 

介護保険の納付方法

・~40歳まで  → 支払いなし

・40歳~64歳(定年)まで  → 毎月、給料で源泉徴収されて健康保険に含まれて一緒に支払っています

・65歳~74歳まで   → 基本的には年金から天引きで納付(特別徴収)

・75歳~(後期高齢者)~死ぬまで → 

 

年金が18万円を超える人はもらっている年金から天引きで納付(特別徴収と呼ぶ)

年金が18万円以下の人は納付書が家に届いて、市町村に納付する(普通徴収と呼ぶ)

※天引きされることを特別徴収と呼び、納付書が家に届いて自分で納付することを普通徴収と呼びます。逆じゃないの?と思われるかもしれませんが、徴収する側から見ているのでこれで正しいです。ちなみに普通徴収でも口座振替が出来るようになっています

また

会社員の扶養に入っている妻や子供は払う必要はありません。夫の分で全員払っていることになっています

 

まとめ

 

・介護保険・・・国民年金や健康保険と同じ様に国の保険。一般的には60歳以上、障害や病気の場合は40歳以上で使えます

・介護保険料・・・40歳以上~死ぬまで支払う社会保険料になります

ABOUT ME
海パン
海パン
通信教育で社労士の勉強を始めたのですが、中々点数が伸びないので、情報を集めたり、勉強の記録をつける為にこのブログを始めました。また、年金や労働基準法など法律を全く知らない人が読んで役に立つブログを目指しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です